歯の脱灰と再石灰化

 

虫歯は、口の中が酸性に傾いて、歯のカルシウムが溶け出して起こります。

歯のエナメル質、象牙質、セメント質は、ハイドロキシアパタイトという石灰化した

リン酸カルシウムでできています。

虫歯菌は、食事などで取った糖質や炭水化物を餌にして、

強力な酸を作り出し、この酸が、歯をリン酸カルシウムに分解してしまいます。

これを「脱灰」といい、この「脱灰」が虫歯の原因となります。

食べると「脱灰」がおきますが、唾液のパワーにより、歯の修復が始まります。

唾液に含まれる、カルシウムやリン酸、フッ素などの働きで「脱灰」は阻止されます。

これを「再石灰化」と言います。

虫歯菌が作り出した酸の影響で、エナメル質の表面が白く濁った状態なら

この「再石灰化」により、虫歯の進行を防ぐことが出来ます。

 

次回は、この「脱灰促進の危険性と食習慣」について お話いたします。