プラークと歯周病の関係

 

今回は プラークと歯周病の関係についてお話いたします。

口の中をよく見ると、歯と歯の間に白いものがついているのが見えます。

食べカスのように見えますが、これこそ

プラーク〔歯垢〕

です。

プラーク中には、虫歯菌や歯周病菌が

1mg中になんと1億個以上いるといわれています。

このプラークの中に歯周病菌は住みついて歯周病を起こします。

 

歯石はプラークが歯周病菌といっしょに石灰化して固まったものです。

歯石は表面がザラザラしているので、さらにプラークがたまりやすくなります。

歯石は、ブラッシングでは取れないので、歯科医院で専門の器械で取ってもらわないと

いけません。

そうなるまえに、ブラッシングでプラークをキレイに取っておきたいものですね。

そして 定期検診も受けられてくださいね。