カルシウムと歯の関係

カルシウムは体内で一番多い無機質で約99%が骨格や歯の硬組織を形成しています。

カルシウムは、ヒドロキシアパタイト[Ca10(PO4)6(OH)2]

とよばれる形の化合物として存在しています。

一部は血液、筋肉、神経にも含まれています。

血液中のカルシウムはホルモンなどによってほぼ一定量を保っています。

また、カルシウムの吸収はビタミンD、リン、フィチン酸および腸内のpH

などによって影響されています。

カルシウムは、妊娠中、授乳期に赤ちゃんにずいぶんとられてしまいます。

また女性は閉経後に骨粗鬆症になる危険性が高まりますから、

女性は特にカルシウム不足は要注意です。

歯の無機成分は、カルシウムCaとリンPが大部分です。

美しい歯のためにもカルシウム不足には注意してください