喫煙と歯周病の関係

喫煙歯周病は関係あることは有名です。

喫煙量歯周病細菌(Tannerella forsythiaとの間に量依存的な関連がみられることや、

喫煙によって歯周病細菌(Tannerella denticola定着リスクが高まることが報告されています。

喫煙によって、

歯周組織は防御能力の低下を招き、歯肉の血流量や酸素飽和度が慢性的に低下し、低酸素状態となっています。

また、歯周ポケット内の酸素分圧も低下することが示されており、

このことが歯周病細菌の定着・増殖を促進しているといわれています。

歯周病予防のためにも、

そして歯周病治療のためにも、

禁煙がんばってください!!!!