インプラントの最近のブログ記事

インプラントの選び方

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今回は インプラントについてお話いたします。

インプラントでは、歯がなくなった部分の骨に人工の歯根を埋入する治療方法です。見える部分の歯を失っても、根が残っていればさし歯で対応できますが、根を失った場合にはできません。その場合でもインプラントであれば、人工の根を再構築することが可能です。

インプラントのメリット

周りの歯を削らないで新たに歯を再現できる。
周りの歯に負担が増える事がないので、将来性は悪くない。
見た目上の仕上がりが自然。
自分の歯と変わらない感覚で咬むことができ、異物感が少ない。

インプラントのデメリット
外科的な処置を必要とする。
治療期間が伸びる。
保険が適用されない。

歯がなくなったままにしていたら どのような状態になるかは こちらをご覧ください。

自分の生活スタイル、自分自身の快適な方法を ご選択くださいね♪

 

インプラントの選択

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今回は インプラントについてお話いたします。

インプラントでは、歯がなくなった部分の骨に人工の歯根を埋入する治療方法です。見える部分の歯を失っても、根が残っていればさし歯で対応できますが、根を失った場合にはできません。その場合でもインプラントであれば、人工の根を再構築することが可能です。

インプラントのメリット

周りの歯を削らないで新たに歯を再現できる。
周りの歯に負担が増える事がないので、将来性は悪くない。
見た目上の仕上がりが自然。
自分の歯と変わらない感覚で咬むことができ、異物感が少ない。

インプラントのデメリット
外科的な処置を必要とする。
治療期間が伸びる。
保険が適用されない。

歯がなくなったままにしていたら どのような状態になるかは こちらをご覧ください。

自分の生活スタイル、自分自身の快適な方法を ご選択くださいね♪

 

ブリッジについて

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今日は ブリッジについてお話いたします。

ブリッジとは、1本歯がなくなってしまったところを補う際に、

両隣の歯を削って、連結した人工の歯で橋かけにするものです。

ブリッジのメリット

安価である(材質によっては、保険が適用されます)
外科処置を必要としない
治療期間が短い


ブリッジのデメリット

なくなった歯を補うために両隣の歯を大きく削らなければならない。
両方の2本の歯で、3本分の噛み合わせの負担で背負うため、両隣の歯も将来性を悪くする。

食事の時に、食べ物が詰まりやすくなる。

 

次回はインプラントについてお話いたします。

歯が無くなったまま・・・

 

歯が無くなったまま放置していると どうなるか 皆さんご存知ですか?

人の歯は、正常な方で上下合わせて28本、

親知らずを含めると32本あります。

前から順に前歯、小臼歯、大臼歯と呼びますが、

それぞれが、それぞれの役割を持っています。

さらに視野を広げると、舌、顎関節、咬むための筋肉、そして全ての歯牙が意味をなし、

体のバランスを保っているのです。

このバランスの崩壊は、たった1本の歯から始まります。

ほとんどの方が、大臼歯と呼ばれる奥歯から失っていくのですが、これを放置していると、

1・その隙間を埋めるかのように隣の歯が傾いてきたり(隣在歯の傾斜)、

2・咬み合っていた歯が伸びて来ます(対合歯の延出)。

その他 バランスが崩れてきます。

歯が無くなったままの状態の方、早めに受診しましょうね♪