インプラントの選び方

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今回は インプラントについてお話いたします。

インプラントでは、歯がなくなった部分の骨に人工の歯根を埋入する治療方法です。見える部分の歯を失っても、根が残っていればさし歯で対応できますが、根を失った場合にはできません。その場合でもインプラントであれば、人工の根を再構築することが可能です。

インプラントのメリット

周りの歯を削らないで新たに歯を再現できる。
周りの歯に負担が増える事がないので、将来性は悪くない。
見た目上の仕上がりが自然。
自分の歯と変わらない感覚で咬むことができ、異物感が少ない。

インプラントのデメリット
外科的な処置を必要とする。
治療期間が伸びる。
保険が適用されない。

歯がなくなったままにしていたら どのような状態になるかは こちらをご覧ください。

自分の生活スタイル、自分自身の快適な方法を ご選択くださいね♪