入れ歯

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今日は 入れ歯についてお話いたします。

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があります。

残っている歯や粘膜を支えにして、取り外し式で床つきの歯を装着するものです。

入れ歯のメリット

安価である(材質によっては、保険が適用されます)
外科処置を必要としない
治療期間が短い


入れ歯のデメリット

残っている歯にクラスプという針金のようなものを掛けるため、咬み合わせの負担がその歯と粘膜にかかり、将来性を悪くする。
審美性が悪い(見た目が悪い)
咀嚼効率が悪い(天然歯や、インプラントの1/2?1/3)

明日は ブリッジについてお話いたします♪