ブリッジについて

 

歯を、虫歯や歯周病などで 失ってしまった場合の後の処置の方法に

入れ歯・ブリッジ・インプラントと種類があります。

今日は ブリッジについてお話いたします。

ブリッジとは、1本歯がなくなってしまったところを補う際に、

両隣の歯を削って、連結した人工の歯で橋かけにするものです。

ブリッジのメリット

安価である(材質によっては、保険が適用されます)
外科処置を必要としない
治療期間が短い


ブリッジのデメリット

なくなった歯を補うために両隣の歯を大きく削らなければならない。
両方の2本の歯で、3本分の噛み合わせの負担で背負うため、両隣の歯も将来性を悪くする。

食事の時に、食べ物が詰まりやすくなる。

 

次回はインプラントについてお話いたします。